読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Swift2.0モダンなfor文の書き方

アプリエンジニアの仁科です。

今回は、Swift2.0で使えるfor文を紹介したいと思います。

今後のSwift構文で廃止されるインクリメント、デクリメント「i ++」「i --」
C言語から好きでよく多用していたので、Swiftで廃止されるということにショックを隠せません。

さて、その中でまた廃止されるのが以下の書き方。

for var i = 0; i < list.count; i ++ {
    print(list[i])
}

C言語からあるfor文の書き方です。よく多用していました。

Swiftでのモダンな書き方は、for-in文。


これが。(古い)

for var i = 0; i < list.count; i ++ {
    print(list[i])
}

こう。(モダン

for i in 0 ..< list.count {
    print(list[i])
}

ちゃんとiが添字になっているんです!!
インクリメント書かなくとも!!!

他の言語とかでも見かけるfor-in文は、要素取得系ですが、Swiftは添字にもなるんですね…!
(もちろんSwiftにも従来のfor-in文はあるぞ)

他の書き方だと、

for (i, value) in list.enumerate() {
    print("i")
    print(value)
}

enumerate()を使用すれば添字と要素がいっきにとれます!
いろいろなシチュエーションに使えそうです!

参考

Swift:for-in文 - Qiita
[Swift] Tuple(タプル)の使い方 | 目くじら日記