読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアさんだって怖くない! Sketch3を使ってみよう①

Design

 あけましておめでとうございます。デザイナーの吉田ことヨッシーです。

今回は「エンジニアさんだって怖くない! Sketch3を使ってみよう①」ということで、

Sketch3(Photoshopみたいなデザインソフト)の良いところや簡単な使い方を紹介します。

 

f:id:tech-inagora:20160104134046p:plain

 

 

「は?エンジニアなんだし、使えなくてもいいし...」って思っているそこのあなた。

 

使えるようになってしまえば、デザイナーがいなくても素敵なアプリが作れてしまいますよ!

 

「でも、お高いんでしょう?」

 

いえいえ そんなことはありません。Sketch3はとてもリーズナブルなんです。

 

Sketch 3は99ドル(1ドル120円とすると1万1800円)の買い切りソフト。

 

さらに1カ月間のフリートライアルがあるので、使い勝手を試してから購入できるんです♪

 

「でもでも、簡単とかいって、それはデザイナーだからでしょう?」

 

いえいえ、操作は直感的ですごく使いやすいんですよ。

一緒に使い方を見てみましょう。

 

①アプリを立ち上げてみよう

 

f:id:tech-inagora:20160104132159p:plain

 立ち上げるといきなりこの画面がババーンと出てくるので

okを押して先へ。

 

②えっ 真っ白

 

f:id:tech-inagora:20160104132419p:plain

はじめヨッシーもびびりましたが

心配はいりません。簡単。

左上の「Insert」を押しましょう。

f:id:tech-inagora:20160104132731p:plain

 

メニューがだだっとでできますので、

「Artboard」を選択 この「Artboard」の上にデザインしていきますよ。

 

f:id:tech-inagora:20160104132824p:plain

 

「Artboard」を選択すると、画面右のメニューに

サイズがでてきます。たくさんの端末に対応したサイズがはじめから

セットしてあるので、必要なものを選択しましょう。

f:id:tech-inagora:20160104133025p:plain

 

 じゃーーーーん

f:id:tech-inagora:20160104133136p:plain

できました。

 

f:id:tech-inagora:20160104133300p:plain

 

何個でも(たぶん)置けます。

 

これで準備OK!ガンガンデザインしていきましょう。

 

次回はとても魅力的な

「テンプレート」の使い方を紹介したいと思います。

 

f:id:tech-inagora:20160104133616p:plain

こんなパーツがはじめからSketch3に用意されています。

これを使用してデザインしてきましょう。

 

ではまた次回!