読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サーバーサイド紹介

はじめまして。

サーバーサイド全般担当してます山本です。

 

今回は、WonderfullアプリのWebフロント部分で利用してる技術の紹介をしていきます。

 

サーバーサイド

 WonderfullではNode.jsを利用してwebサーバーの構築を行っています。node.jsはシングルプロセスで動くので、メモリ消費が少なく済むといった利点があります。

 また、クライアントサイドの開発もjavascriptを使うので、共通の処理をまとめられるのもnode.jsの特徴かと思います。

 フレームワークとしては、RailsライクなフレームワークであるSailsを使ってます。SailsはRuby on Railsを模倣するようなMVCパターンで設計されており、学習コストがそれほど高くなく、非常に使いやすいフレームワークです。node.jsでMVCパターンのアプリケーションを作るなら非常に簡単につくれます。また、URLルーティングがしっかりしてるので、URIの定義が捗ります。

 DatabaseにはMongoDBを利用しています。Wonderfullでは、大量の商品データを扱うので、大量のデータを得意とするMongoDBを選択しています。

 

クライアントサイド

 web担当なので、もちろんクライアントサイドも開発してます。WonderfullのクライアントサイドではAngularJSを用いて各種ページの実装を行っています。

 

 サーバーサイドでのWonderfullの基礎となる技術は上記の技術です。 上記の技術に少しでも興味がある方、ご気軽にご応募ください。